パワークラスターエンジンOILの開発や活動状況をお知らせするブログです


by powercluster
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ピストンの汚れ

今回は通常、中々見れないエンジン内部ですが、レーシングカートのエンジンならば簡単に分解できますので、我がチームの2サイクルエンジンをご紹介します。

これはもう2年以上前の画像ですが、新品のエンジンを2基おろしまして、1基は某メーカーのオイルを使用してもう1基はパワークラスター2サイクルオイルでテストした画像です。

テスト内容は両エンジンとも20:1の混合比でカートコースを約1000LAP走行しエンジンを開けたときの画像です。一目瞭然ですね。



他社2サイクル↓a0080657_1638137.jpg ↓パワークラスタ2サイクルa0080657_16382958.jpg








基本的にカーボンが付着しやすい2サイクルエンジンではカーボンは大敵でリングが膠着し
圧縮が吹き抜けてしまいパワーダウンの原因になります。左側の他社製品のOILも安物では
なくエステル系の高級OILです。
a0080657_16595517.jpg


ピストンの吹き抜けがクランクケースを汚しています。一次圧縮抜けですね。2次圧縮も抜けていますので、パワーダウンは明白です。

これが4サイクルエンジンになりますと燃え残りのガスがクランクケースに落ちますしOILにガソリンが多く含まれますのでOILの劣化につながる一つの原因になります。

OILで馬力が上がるとか胡散臭いといわれることもありますが、馬力を上げる為ではなく、密閉率を上げる=コンプレッションがあがり、新車時のパワーにより近づくということです。燃費も新車のときより何万キロも走行すれば、コンプレッションも落ちますのでパワーダウンは余計なアクセルワークになりますので燃費悪化につながります。新車のときから使用を続けることでより長い快適な運転が可能ということですね。
by powercluster | 2006-11-16 17:18 | 燃費データー

トラックの燃費と馬力

長いこと更新してませんでしたが、少し時間ができてので最近の実験を・・・(写真は違います)a0080657_0443360.jpg

パワークラスターのOILといえば、馬力UPやフィーリング重視と思われがちですが一番重視
しているのは燃費と環境なんですね。特にディーゼルエンジンには効果絶大でしてね。

まあOIL交換で燃費が云々ど言うのはなかなか難しいもので、アクセルワークや道路の混雑状況で10%や20%は誤差の範囲?高速の燃費と市街地の燃費と分けても大雑把すぎて
話にならないです。満タン方はむずかしいですね。そこで非力な2トン車を用意して高速道路で
加速テストをしてみました。テストといっても本格的なものではなく左側車線を70kで走行してい
るとき、前に遅い車がいると仮定して、追い越し車線に移り90kまで加速して左車線に戻る事を
想定した走行です。

簡単に言えば時速70k~90kの加速に何秒で走れるかということです。

走行に使用した2t車はいすゞ車エンジンOILは純正、粘度は10w-30CF
コースは中央道八王子~高井戸を2往復するそして平らなところを選んでトライ、助手席の
ナビがストップウオッチを持って計測、メータの70キロの線にピタリと合わせて3秒後アクセルを全開にメータが90kの線にかかった瞬間にタイム計測終了、以上を20本繰り返しました。

結果 10秒8~12秒6誤差が2秒もでます(笑)平坦だと思っても僅かに上りだったり下りだったりとしています。それでも20本中12~13本は11秒3~11秒6に収まりましたのでこの平均
を結果としてノーマルOILの70k~90k加速は「11.45秒」に決定しました。

そしてすぐさま会社に戻りOIL交換弊社の5w-40に交換、ん粘度が違うでしょ!弊社は持って無いんです10w-30まあ上が40あるのでいいでしょ。

と言うことで新たに交換したOILの慣らしを兼ねて下道で八王子インターへと・・・走り始めて
5分足らずで早くもパワクラ効果!「軽いしトルクが出て走りやすいです」自分で言うのも変です
がチョットびっくりの変化です。

そして交換したPOWERCLUSTER 5w-40SM/CF100%合成油の成果は・・

結果を先に書きますと「平均タイム9秒6でした」なんと1秒8も加速が良くなりました。体感!
一応同条件で20本取りましたので、この1秒8と言う数字はでたらめでも無いと思います。

燃費関係ないじゃん!! まあそう言わないでください、ここからが肝心でして・・・

要するに今までより70k~90kの加速が2秒近く短縮できたんです、だ・か・ら

パワークラスターのOILを使用して70k~90kの加速を2秒遅く走れば良いのです。

他社OILと同じタイムで70k~90kの加速をしようとすると同じアクセルワークでは、短い時間で90kに到達しますので、アクセルを戻すことになります。これが小燃費走行になります。

これがバカにできません、一度の70k~90kの加速で約30ccほど節約できます。
これは市街地走行でもまったく同じことです。

ちなみに0発進~時速50kも10本づつ取りましたが約1秒2ほど短縮しています。市内を走行
するトラックが1日に何度0発進するでしょうか?次回は流量計を取り付けたデーターをお知らせしたいと思います。
by POWERCLUSTER | 2006-11-02 23:37 | 馬力UPデーター